月別アーカイブ: 2013年3月

セブンカードを詳細解説

セブンカード

セブンイレブンが発行しているクレジットカードがセブンカード(旧アイワイカード)です。VISAかJCBのどちらかをつけることができます。イトーヨーカドーやセブンイレブン、ロビンソン、オッシュマンズなどでポイントが1.5倍貯まるので、普段使いのクレジットカードとして活用すると、意外と高額ポイントをゲットできるのではないでしょうか?
ポイント計算は非常に簡単で、1ポイントは1円です。ポイントは100円か200円ごとに1ポイントです。還元率に計算すると1.5%です。他社のクレジットカードの基本還元率は0.5%ですから、非常に還元率が高いと言えます。また、ポイントはナナコに1ポイント1円のまま移行することもできますので、ポイント期限を忘れてポイントを使えなかったなどの失敗を避けることができます。いつでも思いついたときに、ナナコに入れて、ポイントを使ってしまうといいのです。スニーカー感覚で気軽に使えて、気軽にお得感を味わえるクレジットカードではないでしょうか?
続きを読む

クレカの思い出

私がクレジットカードを持ったきっかけ、それはわたしが輸入ビジセスに興味を持ったからだ。輸入ビジネスとは海外と日本との商品の価格差を利用して利益を得る方法である。ほとんどの場合、海外のサイトから商品を購入しなければならない。そして海外の商品を買うにはクレジットカードは必需品だからだ。
なぜなら、カードがなければ支払いができないからだ。そのため、私はクレジットカードを持とうと考えた。カードを申請して約1ヶ月、私の手元にカードが届いた。私は早速欲しいと思っていた商品を購入した。購入する際、必要な項目を入力して決済のボタンを押すだけだったので、こんなに簡単なのかと感心したものだ。欲しい商品が私の手元に届いた。
続きを読む

VISA、マスターはどう選ぶの?

一般的に(というか、一部の特例を除いてほぼ絶対)クレジットカードはVISAやマスターなどの国際決済ブランドとコラボしています。セゾンカードはクレディセゾンが発行していますが、国際決済ブランドであるVISAやマスターなどが選べるようになっています。
このVISAやマスター、それにJCBというものは、いったいなにがサービス面でちがうのか? 考えたこと、ありますか?
続きを読む

NTTカードを詳細解説

NTTカード

●概要
NTTグループが発行しているクレジットカードです。VISAかマスターがつきます。年会費は無料。ETCカードは年会費が525円です。NTTが発行しているクレジットカード……ということから推測できるように、携帯電話がドコモであるとか、家庭の固定電話料金をNTTに支払っているなどの人に対して、割引(優遇)措置がとられているクレジットカードです。
概要としては、最大でNTT関係への支払いが50%OFFになるなど、NTTをよく利用している人にとっては、非常に「おいしい」クレジットカードです。また、ガソリンスタンドの出光においても割引を受けることができます。よってNTTと出光をよく利用する人にとっては、またとない良いクレジットカードと言えます。NTTの国際競争力がなにかと話題になっている昨今ですが、総務省がらみの利権ビジネス=NTTですから、NTTカードの割引(優遇)措置も、当分の間安定的に続くのではないでしょうか?
続きを読む

NICOSカードを詳細解説

NICOSカード

●概要
ニコスブランドは、80年代90年代には「クレジットカードと言えばニコス」と言われるほど人気のクレジットカードでした。現在では、三菱東京UFJ系列とうまく業務提携をして、MUFGブランドのブランドパワーのもとでNICOSブランドが育っています。
現在のNICOSカードの特長は、長年のクレジット業界での経験を活かし、生活シーンに特化したカードをたくさん発行しているところにあります。セキ薬局と提携したニコスカードやWOWOWと提携したニコスカードなどがあります。なかでも車をよく利用する人に向けたNEXCO中日本と提携したカードは、ガソリン代が割引になる、ロードサービスが24時間受けられるなどの理由で、ドライバーから人気を集めています。ここではニコスカードの現在と、持っておくと便利なニコスカードをいくつかご紹介したいと思います。
続きを読む