月別アーカイブ: 2013年5月

ポイント還元分のお金は誰が負担している?

クレジットカードを比較するときに、よくポイント還元率が高いとか、ポイント還元率は低いけど、永久不滅ポイントであるとか、「ポイント」という言葉が使われます。
多くの人はポイント還元率がよいクレジットカードを探して、クレジットカードをつくっているようで、カード会社各社は、より魅力的な還元率を目指して日夜がんばっています。

さて、この還元されるポイント、誰が負担しているのでしょうか?たとえば、最も平凡なポイント還元率は、いま現在、0.5%であると言われています。10万円のお買い物をして、500円が戻ってくるわけです。100万円なら5000円です。
還元率が1%のカードなら、10万円で1000円、100万円で1万円も戻ってきます。
仮に1万円をカード会員3万人に還元する会社があったとした場合、還元するお金だけでも3億円です。すごい数字です。3000人でも3000万円です。
超がつく一部上場企業が全国的に魅力的なキャンペーンを行っても、5000万円くらいの予算がいいところです。
続きを読む

初めてクレジットカードを作ったときの苦労話

学生のうちにクレジットカードを作っておけばよかった・・・

社会人になるまで、私は現金派でした。それは浪費が怖かったからです。常に「今月はあと何円しか財布に残っていない」という意識を持って生活したほうがいいと思っていました。

クレジットカードが欲しいと思ったのは社会人になってから、仕事の関係でクレジットカードに詳しい方とお会いしてお話を聞いたのがきっかけでした。社会人になってから、学生時代に比べて自由に使えるお金も、支払わなければいけないお金も増えて、学生時代よりもお金の使い方をどうするか考えなければいけないと思っている頃でした。その方はクレジットカードでマイレージを貯めていて、クレジットカードのマイレージを使って無料で海外旅行に行ったりしているという話を聞き衝撃を受けました。同じお金を払っているのにクレジットカードで支払いをするだけで、無料で海外旅行に行けてしまうなんて!なんて自分は損をしていたのだろうと思い、早速クレジットカードを作ることにしました。
続きを読む