カテゴリー別アーカイブ: クレジットカードの紹介

各種クレジットカードのスペック/情報を詳細解説

セブンカードを詳細解説

セブンカード

セブンイレブンが発行しているクレジットカードがセブンカード(旧アイワイカード)です。VISAかJCBのどちらかをつけることができます。イトーヨーカドーやセブンイレブン、ロビンソン、オッシュマンズなどでポイントが1.5倍貯まるので、普段使いのクレジットカードとして活用すると、意外と高額ポイントをゲットできるのではないでしょうか?
ポイント計算は非常に簡単で、1ポイントは1円です。ポイントは100円か200円ごとに1ポイントです。還元率に計算すると1.5%です。他社のクレジットカードの基本還元率は0.5%ですから、非常に還元率が高いと言えます。また、ポイントはナナコに1ポイント1円のまま移行することもできますので、ポイント期限を忘れてポイントを使えなかったなどの失敗を避けることができます。いつでも思いついたときに、ナナコに入れて、ポイントを使ってしまうといいのです。スニーカー感覚で気軽に使えて、気軽にお得感を味わえるクレジットカードではないでしょうか?
続きを読む

NTTカードを詳細解説

NTTカード

●概要
NTTグループが発行しているクレジットカードです。VISAかマスターがつきます。年会費は無料。ETCカードは年会費が525円です。NTTが発行しているクレジットカード……ということから推測できるように、携帯電話がドコモであるとか、家庭の固定電話料金をNTTに支払っているなどの人に対して、割引(優遇)措置がとられているクレジットカードです。
概要としては、最大でNTT関係への支払いが50%OFFになるなど、NTTをよく利用している人にとっては、非常に「おいしい」クレジットカードです。また、ガソリンスタンドの出光においても割引を受けることができます。よってNTTと出光をよく利用する人にとっては、またとない良いクレジットカードと言えます。NTTの国際競争力がなにかと話題になっている昨今ですが、総務省がらみの利権ビジネス=NTTですから、NTTカードの割引(優遇)措置も、当分の間安定的に続くのではないでしょうか?
続きを読む

NICOSカードを詳細解説

NICOSカード

●概要
ニコスブランドは、80年代90年代には「クレジットカードと言えばニコス」と言われるほど人気のクレジットカードでした。現在では、三菱東京UFJ系列とうまく業務提携をして、MUFGブランドのブランドパワーのもとでNICOSブランドが育っています。
現在のNICOSカードの特長は、長年のクレジット業界での経験を活かし、生活シーンに特化したカードをたくさん発行しているところにあります。セキ薬局と提携したニコスカードやWOWOWと提携したニコスカードなどがあります。なかでも車をよく利用する人に向けたNEXCO中日本と提携したカードは、ガソリン代が割引になる、ロードサービスが24時間受けられるなどの理由で、ドライバーから人気を集めています。ここではニコスカードの現在と、持っておくと便利なニコスカードをいくつかご紹介したいと思います。
続きを読む

JALカードを詳細解説

JALカード

●概要
JALのマイルを貯めたいのであれば、JALが発行するクレジットカードをお持ちになってみてはいかがでしょうか?通常の買い物におけるポイント加算や、フライト時におけるマイル加算に加えて、入会時に最大5000マイルもらうことができます。また、初回搭乗ボーナスもあり、こちらは2000マイルもらえます。さらに搭乗ごとのボーナス加算もあり、こちらは最大で25%ポイントがUPします。家族カードを持っていると、家族全員のマイルを合算して使うこともできます。
クレジット決済における国際ブランドはVISA、JCB、マスターのなかから好きなブランドを選ぶことができます。(ゴールドはダイナースも選べます。)年会費無料のカードがいいのであれば、JALの一番ベーシックなクレジットカードであれば無料です。2年目以降は年会費が発生しますが、実質無料になる方法があります。
続きを読む

ANAカードを詳細解説

ANAカード

●概要
ANAのマイルをしっかりと貯めたいのであれば、ANAカードがお薦めです。他社のクレジットカードでも、貯まったポイントをANAのマイルに移行するサービスをしていますが、移行するのに高額な手数料がかかることがあったり、移行する時のポイントレートがあまり良くなかったりします。ANAカードであれば、移行手数料も比較的安く、移行レートもそう悪くないので、ANAのマイルを貯めやすいのです。

また、ANAカードは入会するだけでボーナスポイントがもらえたり、ANAに搭乗するたびにボーナスマイルがもらえるなど、とにかくボーナスポイントサービスがたくさん用意されているので、お得感があります。

ANAカードは提携カードの種類が豊富であり、自分のライフスタイルに応じて(あるいは欲しいステータス性に応じて)クレジットカードを選べるというのもうれしいのではないでしょうか?アメックスブランドがお好きであれば「ANAアメリカン・エキスプレス・ カード」があります。電車の利用が多い人のために、Suicaが付いた「ANA VISA Suicaカード」というカードもあり、普段使いでもポイントを貯めやすいカードであると言えます。
続きを読む