クレジットカードのエピソード その1

私が今まで作ったクレジットカードは百貨店、銀行系、消費者金融まで含めて6枚のカードを作りました。

クレジットカードは急な出費などに大変役立ち便利です。
例えばお友達と外食をした時や、買い物をした時お財布の中を見たらお金が足りなかった。
そういった時に今ではだいたいのお店で使えるクレジットカードで払う事ができます。

そんな便利なクレジットカードですが、私は使い始めて8年ほど経った頃使いすぎによる多額の借金ができ自己破産を致しました。

自己破産をした最大の理由はクレジットカードの仕組みをきちんと理解しておらず、何社からも借金を作ってしまったからこのような結果になったのだと思っています。

10年前当時18歳だった私ははじめてクレジットカードを作りました。
高校を卒業しアパレル関係に就職した私はお給料日に洋服を買いに行くのが何よりの楽しみでした。

いつも同じ百貨店へ買い物に行くのですが、行く度に
「クレジットカードを作りませんか?」と毎回のように進められていました。
クレジットカードは使いすぎてしまいそうだから、できれば持ちたくなかったので毎回断ってましたが、その日は「カード払いにすれば5%の割引になりますよ」との事。

当時18歳だった私はたったの5%でも可愛いお洋服が安く買えると思い1枚だけなら…という理由でカードを作ってみる事にしました。
これが人生で初めてのクレジットカードです。
ちなみに限度額はショッピング枠30万円のキャッシング枠10万円でした。

5%オフで洋服が買えた上にカード払いで支払いは来月。
もちろんその場ではお財布の中のお金は減る事もなかったので
「クレジットカードで買うと何かとお得」といった気分にさせてくれました。

その日をきっかけに買い物をする時はいつもカード払いで、来月の支払いに困らない程度で買い物をしていました。

カード会員になると5%割引になったり会員だけのセールがあったり誕生日月には15%割引なんていうのもあって楽しく賢く使っていたのです。

ところが私の破産人生の幕開けはここからスタート致します。

いつものように買い物をしていると欲しい洋服を買いすぎて予算オーバーになったので、その月だけ分割払いにしようと決めました。
分割払いにするならついでに靴もバッグも買おうと思ってしまったのです。

この分割払いを知ってからは物欲が一気に爆発していきました。
今までは来月の支払いに困らない程度の一括払いでの買い物をしてきましたが
「分割払いでたくさん買っても回数を多くすればいいじゃないか」という考え方へと変わり次から次へと購入してしまいました。
欲しい物がたくさん買えるという欲求が満たされるようでやめられなくなり、更には給料日前にお友達と遊びに行くための現金が欲しくなり、
「毎月一定額の返済で便利!」というリボ払いのうたい文句を鵜呑みにし、金利の意味もよくわからないままキャッシング枠の10万円を借りたりと、ここから金銭感覚がどんどん麻痺していきました。

毎月の支払いが給料の半分以上になった頃今まで分割払いにしていた残高をすべてリボ払いへと変更致しました。
そうする事により単純に毎月の給料から支払う分は少なくなるので負担は軽くなると思ったのです。

しかしそこから3ヶ月程度で限度額の30万円を超えたという事を会計の時にカードが使えなくなって初めて気がつきました。

この時自分の中ではまだ15万円ぐらいしか使ってないと思っていたのでそれは驚きました。
毎月の請求書も見ないので自分がいくら使ったかもわからないし把握もしたくなかったというのが本音かもしれません。

限度額を超えたカードでは買い物ができないとの理由で、また新しく銀行系のカードを作りました。そして買い物の欲求を満たすべく同じようにリボ払いで買い物をしました。

借りたら返せばいいだけ。
でもちょっとづつしか返せないからそのうちお金が貯まったら一気に返そう。
と、都合の良いように思ってました。

私の場合ですが、カードを持っているとお金を借りてるという感覚が無くなってたんだと思います。
リボ払いにする事により毎月の返済額は少なくて済むし、金利や手数料それが自分の借金となっている事も気が付かずクレジットカード依存をしてしまいました。
次から次へとカードを作り、キャッシング枠50万の消費者金融でカードを作れた時に仕事を辞め借金を借金で返すという生活になりました。ただしそれも長くは続きません。
当たり前ですが、借金はどんどん膨らみ気が付けば今までのショッピング、キャッシング含めて300万円以上の借金ができていました。

毎月の返済額は10万円以上。それもすべてリボ払い。
すべて最低額での返済ですので元金はなかなか減りません。
特に消費者金融は金利が高いので、毎月の返済額では元金よりも金利の方が高くつきました。
それでもまだどこか貸してくれる所はないか探していましたがすでに支払いも滞っていたのでどこもカードは作れませんでした。
特に銀行系のカードの支払いが遅れると信用がいっきに無くなるようです。

さすがに働きましたが、お給料の半分以上が借金の返済。
もちろん交際費や急な出費などありましたので、借金を返してはその分借りての繰り返し。
そんな生活が8年間続き、毎日毎日支払いの事だけを考えていました。

ヤミ金融に手を出そうと思っていた矢先、インターネットで自己破産という存在を知り、すぐさま弁護士さんに相談にいきました。
自己破産をすると財産はなくなり数年クレジットカードが作れないのはもちろん、ローンも組めなくなる、携帯も借りられないといったデメリットもありますが、その方がカード依存している私にはとっても良い話だと思いました。

そこからは毎月の返済も安くなり精神的にも楽になり、もうカードは持たないと決めました。

私がカード依存になったきっかけは「可愛い洋服がたくさん買いたかったから」
たったこれだけなのです。

クレジットカードは、私のように使い方を間違ってしまうと多額の借金ができてしまいそれまでの人生を180度変えてしまいます。
良い思いも悪い思いもしましたがきちんと計画をしてカードを使えば賢く便利に利用できる優れものだと思っています。