クレジットカードの怖いところ

クレジットカードの怖いところ、それは支払いが簡単すぎることである。
そのため、お金を使って買い物をしているという実感がないということだ。通常クレジットカードの支払いは、バーコードを読み取る、もしくは、必要な情報を入力するだけで一旦は終わってしまう。つまり、商品がたとえいくらであっても、その場ではお金は1円もいらないのだ。現金で支払いを済ませる場合、財布からお金が減るので、現金を使っているということがわかる、そのため、節約しないといけないという気持ちになるのだが、クレジットカードでの支払いの場合、現金を使っているという感触がない。そのため、まだいけると思ってしまい、いくら使っているかを気にせずに、ついつい使いすぎてしまう。また、クレジットカードは、電話やインターネットで利用額照会をしなければ、いくら使っているかということは全然わからない。ある日、買い物をクレジットカードでしているとき、突然利用可能金額が足りませんと言う警告が出ることで、はじめて使いすぎた、と後悔するのである。そして、何より怖いのは、普通なら大金であっても安く感じてしまうことである。

先程も書いたとおり、クレジットカードによる支払いはその場では現金がいらないので、値段が高い商品であっても、無料で購入できると錯覚してしまうことが多いのだ。また、利用可能額から使用額を差し引いた金額しか出ないので、5桁の引き算をやっているという感覚であり、お金を使っているという感覚はほとんどないのだ。私は現在一人暮らしをしている。一人暮らしは思っている以上に生活費がかさむものである。そのため、予定が時にない場合には、極力1日1000円以下で生活することを心がけている。スーパーなどで買い物をしていると、普通なら現金で支払いを済ませるので、財布を見ればどれだけお金が減っているかというのがひと目でわかる。そのため、節約しよう、使いすぎないようにしよう、という気持ちになるのだ。また、財布に5000円札や10000円札入っていた場合、それらを使いたくないという気持ちが強くなる。
そして、使わないためにはどのように節約するか、という思考回路がより働く。しかし、クレジットカードの場合は、基本的に値段が高いものを買うときに使うのが中心になってくるので、10000円以上の支払いが多くなる。だから、相対的に四桁以下の値段なら安く感じてしまう。また、私はクレジットカードを使うときは、主に海外の商品を購入する時だ。アメリカの為替は現在一ドル78円で前後している。もしも為替が1ドル78円で、7800円の商品を買う場合、百ドルと表示されるのだ。日本円よりも桁が1桁少ないので、日本円の感覚で行くとどうしても安く感じてしまう。つまり、金銭感覚がクレジットカードの場合と現金払いの時は狂ってしまうのだ。海外サイトでの買い物の場合、それが更に顕著になる。

クレジットカードで一番怖いのが、利用可能額を見て、まだ使える、と安心してしまうことである。その安心感から、必要のないものまでついつい買ってしまうことが時々ある。
支払いが来月だから、それまでにお金を貯めて、支払いをすれば大丈夫という気持ちになってしまう。そうして、借金が徐々に増えていく、つまり、浪費を助長してしまうのだ。気づいたときには利用可能額限界近くまで達しており、請求される金額が何万円ということも何回かあった。そういう時に限って出費が多く、支払いができないということも多々あった。

インターネットで月額制の有料サービスを利用する場合は、必ずクレジットカードが必要になってくる。例えば、アマゾンで商品を出品する場合、小口出品と大口出品というのがあるのだが、小口出品の場合は無料なのだが、大口出品の場合は月額として4990円が必要となる。私は大口出品で登録していた。大口出品といっても利用開始から1ヶ月は無料で利用できるので、クレジットカードを利用してそのまま放置していた。しかし、2ヶ月目から4990円が発生するのだ。私はアマゾンで大口出品をしていたことをすっかり忘れていた。結局大口出品の状態のまま2ヶ月放置してしまい、ほとんど利用していないにもかかわらず9980円が請求された。

私はアマゾン以外でも、有料会員登録が必要なサイトにいろいろと登録している上でも説明したが、お金を使っている感覚がない。そのため、つい登録をしていたことを忘れて、利用明細が届くまで放置してしまうのだ。これだけで何万というお金を無駄にした。その時は副収入でまかなうことができたから良かったものの、もし、これで副収入がなければ生活が出来たかどうかも疑わしい。それを想像するだけでゾッとした。クレジットカードというのは、あくまでも借金である。しかも、お金を使っているという実感が全くない借金だ。そのため、使い過ぎない、利用額をしっかりと確認する。支払える分の収入を確保する、この三つを頭の中に入れておくことが大切だということをこれらの体験を通じて実感した。