ポイントが貯まるクレジットカードからキャッシュバックカードに切り替えてよかった話

クレジットカードを使う最大のメリットと言えば買い物金額に応じてポイントが貯まることです。通常のクレジットカードではポイント還元率は0.5%程度。高還元率と言われるクレジットカードでも1.0%~1.5%程度と、消費税よりも低い比率しかポイントは貰えないのですが、塵も積もれば山でかなりのポイントが貯まります。私は毎月の水道光熱費はもちろん、携帯電話代、インターネットプロバイダー料、食費や交際費などもなるべくクレジットカードで支払いをするようにしていました。ひと月で8万円~10万円程度はクレジットカードを使っていると思います。つまり年間で100万円以上はクレジットカードで支払いをしていることになります。還元率が1.0%であれば1万円。1.5%であれば1万5千円はポイントでお得をしていたことになります。クレジットカードにはポイント還元率が上がるキャンペーンや、割引が受けられるお店などのサービスもありますし、たまに高額商品をクレジットカードで購入したりしているので実際にはもっと得をしていると思います。

ところで、ポイントを貯めていて不便だなと思うことがありました。それはポイントの景品交換という仕組みとポイントの有効期限です。最近は現金と同じようにそのまま貯めたポイントを使えたり、有効期限のないポイントプログラムのクレジットカードも多くありますが、私が使っていたのはポイントの有効期限があるクレジットカードでした。景品交換は当然ですが魅力的で良い景品になればなるほど多くのポイントが必要になります。しかしその目標数のポイントに届く前に有効期限がどんどんと来てしまう!しかも現在のポイントではあまり欲しい商品がないという場合が非常に多くありました。結局無難な金券に交換してもらうことがほとんどでした。それでもたまに交換の申請を忘れていてポイントを失効してしまったなんてこともありました。せっかく貯めたポイントも、目の前に魅力的な景品というニンジンがあるにもかかわらず届かなかったり、ポイントを失効してしまったりとフラストレーションが貯まることもありました。

そこでクレジットカードの切り替えを検討してみることにしたのです。候補は先程も書いた現金と同じようにポイントを買い物の際に利用できるクレジットカードか、ポイントは貯まらない代わりにクレジットカードからの請求の際にその月のポイント分を差し引いてくれるキャッシュバックカードのどちらか。悩んだ末に、ポイントが貯まる方は結局ポイントを使って買い物をする際に無意識にちょっと贅沢をしてしまいそうな気がして、キャッシュバックカードにすることにしました。

私が入会したキャッシュバックカードは、買い物した金額の1%が請求時に自動的に差し引かれて請求されるというものでした。さらに0.5%分のポイントももらえるという非常にお得なシステムでした。ただ、0.5%分のポイント付与は後々なくなってしまいましたが・・・。つまり、商品が1%OFFで買えるのと同じです。1万円の商品が100円引きで買える。そう聞くとなんだか小さい話に聞こえてしまいますよね。最初のうちは私もたいしたことないと思っていました。

しかし、次第に毎月自動的に1%OFFになるので着実に節約できているのかな?という感覚になってきました。さらに、ポイントを貯めていた時というのは景品と交換していたこともあったので、節約というよりは貯まったポイントを使って新しいものを買っていたようなものだということに気づいたのです。私の場合、少なくとも年間1万円~1万5千円分のポイントが貯まっていたのですが、景品交換をしていた頃は毎年1万円~1万5千円分の景品をただでもらっていたに過ぎません。それをキャッシュバックカードにしたことで1万円~1万5千円の現金が毎年財布の中に残るようになったのです。

クレジットカードの最大のメリットはポイントが貯まることだというのは最初に書いたとおりです。しかしそのポイントで新しいものを買うのか、それとも節約したということにして貯金に回すのかという違いは非常に大きいと思います。もちろんどちらが良いというわけではないのですが、私の場合は単純に節約することのほうがメリットを感じます。なので、キャッシュバックカードに切り替えたことで、ポイントを金券にかえる手間もなくなり、いつもの買い物でただクレジットカードを使うというだけで現金で払うよりもたった1%OFFだけれども安くできるようになったことは非常に良かったと思っています。クレジットカードは人によっていろいろな使い方や使う理由があると思いますが、節約志向の方にはキャッシュバックカードをおすすめしたいです。