空港ラウンジが使えるクレジットカードとは?

ゴールドカードを持っていると、空港ラウンジを使うことができます。具体的に言うと、主に国内の空港ラウンジを使うことができます。海外の空港ラウンジを使えるのは、また条件が異なります。このあたりのお話をここではしようと思います。

●そもそも空港ラウンジとはなに?
空港ラウンジとは基本的にはゴールドやプラチナカードを持っている、いわゆるエグゼクティブだけが使用を許可されている空港内のラウンジです。フライトの遅延や、はやく空港に着きすぎた場合、無料でドリンクを飲むことができたり、新聞や雑誌、インターネットを閲覧することができます。
仕事が忙しい人が、出張などで空港を使う場合、ちょっとフライトまでにPCで書類を作りたい……こういう時に便利です。
なかには、空港ラウンジサービスは必要ないとする人もいます。空港にはやく着きすぎると、空港内のどこかの飲食店で時間をつぶすとか、お土産を見るとか、そういうことをしたい人にとっては、もしかしたら、空港ラウンジサービスは魅力的に感じないのかもしれません。

●国内・海外ともに空港ラウンジが使えるカード
ゴールドカードの場合、海外の空港ラウンジを利用したいと思えば、プライオリティパスを発行してもらう必要があります。しかし、以下にご紹介するゴールドカードは、場合によってはこのプライオリティパスが無料で付いてきます。
・ダイナースクラブカード
・楽天プレミアムカード
・ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
・MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
・SBIプラチナカード

※上にご紹介したカード名で、プラチナと書いてあるカードはゴールドカードの上を行くプラチナカードです。

※ホノルル空港、韓国仁川(インチョン)国際空港のラウンジは例外的であり、プライオリティパスがなくてもラウンジを利用できる場合があります。たとえば、JCB、三井住友VISA、MUFGなどではホノルル空港のラウンジがプライオリティパスなしで利用可能です。オリコカード、アメリカンエキスプレスカード、MICARD、アプラスなどでは、両方のラウンジが利用できます。

●国内で空港ラウンジがほぼ間違いなく使える空港とは?
新千歳空港 仙台空港 羽田空港 中部空港 伊丹空港 関西空港 広島空港 福岡空港 那覇空港
これらの空港はゴールドカードの提示によってラウンジを使うことができます。それ以外の空港については、もともと空港ラウンジなるものが設置されていないこともあり、使用することができない(ラウンジがない)こともあります。(たとえば四国・香川県の高松空港には空港ラウンジがない。)

●プライオリティパスについて
プライオリティパスについては、3つのステージにわかれています。ゴールドカードで無料でプライオリティパスをもらえる場合、どのランクのプライオリティパスがもらえるのか、確認をしておいたほうがいいでしょう。

【スタンダード】
通常年会費US$99。空港ラウンジの利用の度に、別途1人につきUS$27がかかります。

【スタンダードプラス】
通常年会費US$249。10回分のラウンジ利用料がセットになったプランです。11回目からのラウンジ利用には、都度料金US$27がかかります。

【プレステージ】
通常年会費US$399で、ラウンジを都度料金なしで無制限に利用することができます。

※同伴者のラウンジ利用は別料金(27米ドル/2010年10月現在)。

●最強のクレジットカードは?
プライオリティパスのことを気にしないでも、気軽に国内外の空港ラウンジを利用できるクレジットカードは、以下の3枚が人気です。

(1)楽天プレミアムカード
楽天市場での利用は2%以上の還元率であり、他社のクレジットカードと比較しても、ポイントの貯まりやすさは随一です。

(2)セゾン・プラチナ・ビジネス・アメックス・カード
プライオリティパス付きで永久不滅ポイントもついてくるので、ポイントが貯まりやすいカードです。ポイント還元率もVIPなレートで、ショッピングでは国内1.5倍、海外2倍ものポイントがつきます。

(3)MUFGカード・プラチナ・アメックス・カード
銀行系のプラチナ・アメックスカードですので、どこで出しても恥ずかしくないクレジットカードと言っても過言ではないでしょう。年会費は21,000円ほどしますが、翌年度のポイント付与率が、年に50万円以上の利用で1.2倍、100万円以上の利用で1.5倍に大幅アップします。

●航空会社独自の空港ラウンジもあるけれど……
クレジットカード各社が提供する空港ラウンジ以外にも、航空会社各社が提供する空港ラウンジもあります。たとえば、JALであれば、通称サクララウンジと呼ばれるVIP専用のラウンジがあります。
JALのマイレージバンクの上級会員であったり、ビジネスクラスやファーストクラスを利用する人に向けた無料サービスです(同伴者が有料になることもある)。
JALもANAも、こういったVIP専用のサービスは景気が悪くとも継続しているようです。ただし、利用する航空会社を選ばずに、(あるいはオープンチケットやディスカウントチケットであっても)空港ラウンジを使えるゴールドカードやプラチナクレジットカードは、なにかと便利なのかもしれません。

参照:空港ラウンジサービス一覧/空港ラウンジ(Wikipedia)