VISA、マスターはどう選ぶの?

一般的に(というか、一部の特例を除いてほぼ絶対)クレジットカードはVISAやマスターなどの国際決済ブランドとコラボしています。セゾンカードはクレディセゾンが発行していますが、国際決済ブランドであるVISAやマスターなどが選べるようになっています。
このVISAやマスター、それにJCBというものは、いったいなにがサービス面でちがうのか? 考えたこと、ありますか?

結論から言えば、そう大きな違いはありません。大きく違うと、寡占状態になってしまうという市場原理もあり、一般的にはVISA、マスターが国際社会のなかで2大巨頭として存在しています(同じようなサービスをしています)。
JCBは日本初(発)の決済ブランドですが、現在、JCBはアメックスとアライアンスしており、VISAやマスター並みに、世界中どこに行っても使えるようになっています。多くの人がステータスを感じている(であろう)アメックスやダイナースも国際決済ブランドの1つであり、「VISA 」 「MasterCard」 「JCB」 「Diners Club(ダイナースクラブ)」「アメリカン・エキスプレス(AMEX)」の都合5つのブランドが国際決済ブランド・国際カードと呼ばれるメジャーなブランドです。

(1)JCB
以前は海外に弱いJCBと揶揄されていましたが、現在ではJCBとアメックスとが業務提携しており、世界中でどこでも使えるカードになりました。日本においてどうしてもJCBを選ぶ(VISAやマスターではなくJCBを選びたい)という条件があるとすれば、ディズニーランド関係のお得なキャンペーンに興味があるのであればJCBを選ぶという基準があります。JCBは東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーなので、VISAやマスターでは持ち得ないディズニー関係の優待があります。
それ以外の細かい価値基準(日本初の国際ブランドのカードが好き!など)は個々人によって思いがあると思いますが、ディズニー関係のことを抜きにしたら、VISAもマスターもJCBもほぼ横ならび、どれも信用のある国際ブランドです。

(2)VISA
世界的にMaterと並ぶ二大巨頭です。クレジットカードの発行枚数はダントツ世界No.1です。日本国内でもJCBと双璧の発行枚数を誇ります。たった1枚しかクレジットカードを選んではならないということになれば、VISAを選んでおけば、世界中どこでも使えるので安心です。
日本においては、VISAでもダイナースでもどこのカードであっても、決済するサービス会社があります。小さな飲食店は、どこのカードであっても決済できる会社と契約をしていることもあり、国内においてある特定のクレジットカードが使えないということは、ここ最近ほとんどありません。しかし海外に行くと「うちはマスターしか使えないのよ。現金持ってない?現金?」と言われることもあります。そういうとき、世界ダントツNO.1のVISAは威力を発揮します。「VISA!VISA!」と言えば、決済してくれることもあります。世界は広いので、カード支払いを嫌がって現金支払いを迫る国だってたくさんあるのです。VISAの威力とともに海外旅行をしましょう。

(3)MasterCard
VISAに並ぶクレジットカードの国際二大ブランドです。クレジットカードの発行枚数はVISAの後塵を拝しますが、加盟店数ではVISAと双璧です。世界的に見ると、欧州方面で強いブランドのようです。
日本においてはライセンス提供をいち早く行っていて、国内のお店ではどこでも使えるようになっているとのことですが、同じことをVISAもJCBもやってきているので、この点がマスターの優位性を担保するわけでもないでしょう。
ちなみにVISAもマスターも決済システムのみを提供している会社なのでセゾンのVISAとかイオンのマスターのように、かならず●●の…というのがつきます。VISAだけのクレジットカードというもの(マスターだけのクレジットカードというもの)はこの世に存在しません。決済システムを提供する会社です。

(4)アメリカン・エキスプレス(AMEX)
アメックスはその名のとおりアメリカで強いブランドです。しかし上に書いたようにJCBとアライアンスをしているので、近年は国内においても使い勝手が良くなりました。アメックスはセレブマーケティングが非常に優秀で、いまだにステータス性や都市伝説を持っています。アメックスのプラチナカードの会員になると、世界的に有名な宝飾ブランドからお誕生日プレゼントが贈られてくるなどの都市伝説があります。ものすごく富裕層を意識しているブランドです。

(5)Diners Club(ダイナースクラブ)
Diners Clubは世界で最初に登場したクレジットカードと言われています。Diners Clubもアメックス同様に富裕層を意識したブランドづくりをしており、国内で使えるお店が少なかったのですが、JCBと業務提携をして、現在では国内・海外のほとんどのお店で使えるようになっています。
Diners ClubはVISAやマスター、JCBのように好きに選べる国際決済ブランドではなく、ある程度高い審査基準があります。よって、年会費もそれなりに高く、生涯Diners Clubと縁のない人もいると思います。この景気が悪い中で、カードのステータス性などどうでもいいという人は、生涯持たないブランドでしょう。持てば持ったなりにエグゼクティブなサービスを受けることができます。