ゴールドカードの入手は難しい?

「ゴールドカードを持ちたいけれど、私は審査に通るのかな?」こんな疑問を持ったこと、ありませんか?たしかにゴールドカードは一般のクレジットカードよりも審査基準が高いという傾向があります。しかし、最近ではその審査基準が下がってきているとする見方もあります。さて、今の時代、ゴールドカードを持つのは難しいことなのでしょうか?

■ゴールドカードの市場原理を考えてみましょう
クレジットカード会社は、「クレジットカードを持ってくれてなんぼ、使ってくれてなんぼ」という商売をしています。この商売に変化があったであろうと思われる社会的な出来事は主に2つです。
1つは、08年のリーマンショックです。それまでゴールドカードを使って派手に遊んでいた人の何割かは、この時点で倒産の憂き目にあったり、給与カットの憂き目にあっています。よって、既存のゴールド会員さんだけをクレジットカード会社各社が相手にしていたのでは、クレジットカード会社の売上が下がってしまいます。
2つ目は2006年頃から徐々に金融法が変わってきていることです。いわゆるグレーゾーン金利を取り戻す(過払い金を取り戻す)ことが、主流となったこの日本において、各クレジットカード会社は過払い金(会員からもらいすぎたお金)を返還するのに必死です。返還している中で、サラ金ではありますが武富士はつぶれました。アコムやアイフルだってかなり業績が下がっており、現在は大手都市銀行の傘下に入っているのは、みなさん御承知のとおりです。
つまり、お金を貸して業績を上げたいのにもかかわらず、貸し出す先がないという状況がクレジットカード会社各社を襲っているのです。
さて、こういう状況のなかで、ゴールドカードを持つために審査基準は上がっているのか、下がっているのか? 下がっている傾向にあると指摘をしている専門家の意見のほうをよく聞きます。
続きを読む

クレジットカード選びの5つの基本ってなに?

クレジットカードは日本だけでも1000種類以上あると言われています。1000種類それぞれに年会費があったりなかったりします。ETCカードが無料であったり有料であったりします。細かい条件まですべて考慮していくと、もうなにがなんだかわからなくなってきます。
そこで、今回は最低限押さえておきたいクレジットカードの条件を5つご紹介します。最低限この5項目を自分で判断すれば、持つべきクレジットカードが絞られてくるという項目です。

(1)クレジットカードの発行会社
2006年以降、クレジットカード各社は吸収・合併を繰り返しています。金融法が変わって、過払い金の支払いに追われているクレジットカード会社が増えて、経営体力がなくなってきているのです。
しかし「完全に姿を消した」クレジットカードというものはほとんどありません。必ず、どこかの大資本の会社がサービスを引き継いでいます。
そういう意味から言えば、有名なクレジットカードの会社であっても、無名のクレジットカードの会社であっても、どちらを選んでもおなじことです。
ただし、有名なクレジットカード会社は、放っておいてもお客さんが集まってくるので、どちらかと言えばサービスが良くなかったりします(ポイント還元率が低いなど)。
まずは親しみのあるブランドのクレジットカードを選ぶというざっくりとした判断でも良さそうです。
続きを読む

ポイントが貯まるクレジットカードからキャッシュバックカードに切り替えてよかった話

クレジットカードを使う最大のメリットと言えば買い物金額に応じてポイントが貯まることです。通常のクレジットカードではポイント還元率は0.5%程度。高還元率と言われるクレジットカードでも1.0%~1.5%程度と、消費税よりも低い比率しかポイントは貰えないのですが、塵も積もれば山でかなりのポイントが貯まります。私は毎月の水道光熱費はもちろん、携帯電話代、インターネットプロバイダー料、食費や交際費などもなるべくクレジットカードで支払いをするようにしていました。ひと月で8万円~10万円程度はクレジットカードを使っていると思います。つまり年間で100万円以上はクレジットカードで支払いをしていることになります。還元率が1.0%であれば1万円。1.5%であれば1万5千円はポイントでお得をしていたことになります。クレジットカードにはポイント還元率が上がるキャンペーンや、割引が受けられるお店などのサービスもありますし、たまに高額商品をクレジットカードで購入したりしているので実際にはもっと得をしていると思います。
続きを読む

クレジットカードはどういう基準で選ぶといいの?

ご存知のようにクレジットカードはたくさんの種類があります。セゾンカードのように百貨店が発行しているクレジットカードがあったり、JALやANAのように航空会社が発行しているクレジットカードもあります。なにを基準にクレジットカードを選ぶべきなのか?いくつかの明確な基準をご紹介しようと思います。

●まずは見栄か実用性かを決めることです
まずクレジットカードを選ぶ際に「ステータス性を重視する」のか「実利をとるのか」をはっきりさせましょう。
見栄でクレジットカードを選ぼうと思えば、アメックス・ゴールドとかダイナースクラブカードなどがすぐに候補として挙がってきます。年会費はどちらも1万円以上します。よく海外に行く人であれば、空港のVIP専用のラウンジを無料で使えるサービスがあったり、海外の有名ブランドのホテルに格安で泊まれるサービスがあったりしますので、お得であると言えますが、多くの人は、そう始終、海外に行かないと思います。
よって、実利がないけれどなにかあったときにカッコつけられるカード=ステータス性を求めて所有するカードということになります。
アメックスにしてもダイナースにしても、シティ・ゴールドにしても、そういう会員さんを対象にしたサービスをたくさん用意しているので、自分が欲しい(満足する)ステータスを追い求めるのであれば、是非。
続きを読む

私の3つのクレジットカードのメリット

クレジットカードにはもちろんいい面も存在する。
もしかしたら更にあるのかもしれないが、私が思いつく限りのクレジットカードを持つメリットは三点ある。

まず利用方法によっては節約になるということだ。クレジットカードは、使い方によっては現金払いよりも得をすることが多い。現在のクレジットカードの殆どには買い物の際、支払い金額に応じて、添付されるポイントやマイルというものがある。このポイントは、提携している店舗では現金と同じ扱いになるため、ポイント分お金を持っていることになる。
私は、ローソンと提携しているクレジットカードを持っている。そのカードのポイントを使用して、なんこつつくね棒とたらこおにぎりをお昼ご飯として買ったことがある。その日の昼飯代が浮いてラッキーだなと思った。また、カードの支払いにより発生するマイルポイントを利用して、ファーストクラスにタダで搭乗する人もいる。
続きを読む