イオンカードを詳細解説

イオンカード

●概要
メガショッピングストアチェーンのイオンが発行しているクレジットカードをイオンカードといいます。イオン系のスーパーをよく利用する人は、持っておいたほうがお得です。年会費は初年度も2年目以降も無料です。最近「ワオン」という電子マネーを使う人もいると思いますが、イオンカードはワオンと一体型なので、イオンカードを持つだけでワオンも利用可能です。
またイオンカードで貯まったポイントは1ポイント1ワオンに交換してくれます。ワオンはイオングループ以外にも、ドンキホーテや各ドラックストアなど、使えるお店が広がっているので、なにかと便利かもしれません。
イオンカードのポイントは、貯めやすいことでも知られており、イオン系のスーパーでは毎月5日・15日・25日の「お客さまわくわくデー」はポイント2倍キャンペーンを実施しています。生活に密着したお得なクレジットカードであると言えます。

●イオンカード
(1)概要
イオンカードはVISA、マスター、JCBのいずれかの国際ブランドがつきます(選べます)。また、初年度もその翌年も、ずっと年会費が無料です。ワオンカードを使っている人は、イオンカードにワオンの機能もついてくるので、この機会にイオンカードをつくってみてはいかがでしょうか?

(2)イオン系ショッピングモールを使っているなら、すごくお得です
近所にイオン系のショッピングモールがある人は、以下のようなポイントUPキャンペーンが多いので、ポイントが貯まりやすく、すごくお得になると思います。
(A)毎月20日・30日はお客様感謝デー
毎月5日・15日・25日の「お客さまわくわくデー」はポイント2倍キャンペーンを実施しています。イオン系のショッピングモールとは、たとえば全国のジャスコ、サティ、ビブレ、マックスバリュ、メガマートなども含まれます。
それ以外にも毎月20日と30日にクレジットカードでのお支払いか提示によって、買物代金が5%OFFになります。クレジットカード払いは、クレジット機能を使ってもいいですし、ワオン機能だけを使っても5%OFFになります。

(B)ネットショップ「イオンショップ」でポイント5倍に!
ネットショップである「イオンショップ」にてお買い物をした場合、お客様特典が適応される日は、ポイントが5倍になります。

(C)ポイント還元率は実質1%以上を狙えます
イオンカードで貯まったポイントは、イオンで使える商品券やJCBの商品券などに交換が可能です。この交換の際のポイント還元はギフト券の金額から換算すると0.5%です。ざくっと1万ポイントで5000円の商品券がもらえる……といった具合です。
しかし、実際には、上でご紹介したポイントUPキャンペーンがかなり多くありますので、ポイントUPキャンペーンをうまく活用すれば、実質1%以上のポイント還元率を期待することが可能です。

(D)オンラインショッピングモール「ときめきポイントTOWN」で10倍以上!?
イオングループは、オンラインモールも運営しています。名前を「ときめきTOWN」といいます。このときめきポイントTOWNで、たとえば「味の素健康基盤食品通販」を利用したとします。アミノ酸飲料など、味の素はかなり健康食品に力を入れているので、特に特定のブランドにこだわりがない方は、味の素の健康食品を選ぶことが可能です。この場合、ポイントは、なんと19倍!!永谷園通販を利用すると11倍です。ショップチャンネルもときめきポイントTOWNと関係しており、ポイント6倍。
東急や松坂屋などの百貨店系の通販も関係しており、こちらはポイント6倍。大丸や三越の通販は4倍など、かなりポイントが貯まります。

(3)身近なショッピング保険がうれしい!
よく他社のクレジットカードにもショッピング保険がついています。他社のサービスでありがちなのが、海外で購入した品のみが保険の対象というものです。
イオンカードは、イオンカードで支払った5000円以上の品物が対象となります。こういう生活に密着したショッピング保険がついているクレジットカードは、あまりお目にかかることができません。

(4)イオンポイントはワオンになります
イオンカードで貯めたポイントは1ポイント1ワオンとして、お買いものに利用可能です。

●イオンゴールドカード
(1)年会費は無料です
イオンカードにはゴールドカードが存在します。年会費は、なんと無料です。一般に申し込みを受け付けていないようで、年間100万円以上のイオンカードの利用者を対象に、案内をしているカードであると言われています。もちろん支払いの遅延がないなど、正しくクレジットカードを使っていることも、案内の条件になっていると思います。
年間100万円と言えば、月9万円弱くらいのクレジットカードの利用ということで、少しハードルが高いように思うかもしれません。しかし、電話代金(携帯電話を含む)、電気代、ガス代などの各種支払いをイオンカードに設定しておいたうえで、イオン系のショッピングモールで買い物をしたら、月9万円くらいになる可能性もなくはないでしょう。

(2)無収入の主婦の方でもOK!
このイオンゴールドカードは、主婦の方でも申し込みが可能です。通常、ゴールドカードと言えば、ある程度の年収や勤続年数がないとつくれないものですが、イオンゴールドカードは収入のない主婦の方でも申し込み可能です。

(3)ゴールドカードのうれしい補償内容
海外旅行の傷害保険が最大3000万円つきます。しかも自動付帯です。つまり海外旅行の代金をクレジットカードで支払わなくとも、補償されるという非常にありがたいサービスです。掛け捨てで海外旅行の傷害保険に加入しようと思えば、3000万円クラスだと5000円くらいはするのが通常です。渡航先や滞在日数などによって、保険料は変動するので、いちがいには言えませんが、相場として5000円くらいです。
国内旅行保険に関しては利用付帯が条件ですが、最大3000万円の補償です。
また、ショッピング保険が300万円ついてくるというのも、年会費無料を考慮すれば、非常にお得であると言えます。

(4)あえて年会費を払うともっとお得に!
年会費2800円を支払うと、会員限定の「イオンサポート」を受けることができます。イオンサポートとは、車やお家のトラブルに24時間対応してくれるサービスです。よくあるのが、車はJAFに年会費を納めていて、お家のトラブルは特にサポートを受けていないので、水道トラブルが起きたら、ネットで水道工事の会社を探すという方法です。
イオンサポートは、主婦の強い味方として、車とお家のもしもの対応をすべてやってくれます。心強い味方です。

●便利になっているワオンの輪
イオンカードを持っておくと、ワーナーマイカルシネマズで映画を見る場合、毎回300円引きになります。イオンシネマでは毎回300円引きに加えて同伴者全員が1000円になります。細かいサービスを拾って行くと、こういうおいしい特典がたくさんありますが、最後に、WAONポイントが使えるお店が増えているという事実をご紹介しておこうと思います。
たとえば、イオン系列各店や神奈川県を中心に展開しているハックドラッグストアチェーンなどでワオンが使えることは、多くの人が知っていると思います。
最近、ワオンはイオン系列以外の小さなショップでも使えるようになっています。小銭の持ち合わせがない時などに、非常に重宝します。たとえば、お好み鉄板焼金太郎(池袋)とか、美容室SOLFA(板橋)あおい薬局(練馬)でワオンを使うことができます。
呉服 かたやま(練馬)というマニアックな(!)お店でもワオンを使うことができるようです。

●イオンカードのまとめ
イオングループはお客様感謝デーなどをたくさん打ちだし、とにかくイオンカードのポイントが貯まりやすいようにしてくれています。貯まったポイントをワオンとして使える場所も、ずいぶんと増えました。さまざまな電子マネーがあるなかで、ワオンは貯めやすく使いやすいポイントであると言えます。
ポイントの還元率は、お客様感謝デーなどを上手に使いこなすと、1%を超えます。イオンカードをきちんと使っていると、そのうち、利用実績に応じて(年間100万円以上というハードルはあるものの)年会費無料のゴールドカードの案内が届きます。これ以上、主婦の味方となってくれるクレジットカードを探すほうがむずかしいと思います。近所にイオングループのスーパーマーケットがある人は、是非、イオンカードの入会を検討してみてはいかがでしょうか?

イオンカードの公式サイト