セブンカードを詳細解説

セブンカード

セブンイレブンが発行しているクレジットカードがセブンカード(旧アイワイカード)です。VISAかJCBのどちらかをつけることができます。イトーヨーカドーやセブンイレブン、ロビンソン、オッシュマンズなどでポイントが1.5倍貯まるので、普段使いのクレジットカードとして活用すると、意外と高額ポイントをゲットできるのではないでしょうか?
ポイント計算は非常に簡単で、1ポイントは1円です。ポイントは100円か200円ごとに1ポイントです。還元率に計算すると1.5%です。他社のクレジットカードの基本還元率は0.5%ですから、非常に還元率が高いと言えます。また、ポイントはナナコに1ポイント1円のまま移行することもできますので、ポイント期限を忘れてポイントを使えなかったなどの失敗を避けることができます。いつでも思いついたときに、ナナコに入れて、ポイントを使ってしまうといいのです。スニーカー感覚で気軽に使えて、気軽にお得感を味わえるクレジットカードではないでしょうか?

●セブンカード
(1)基本スペック
初年度の年会費は無料です。2年目以降は年間500円の年会費が発生しますが、年間5万円以上のカード利用で無料になります。年間5万円以上のお買い物をしない場合、携帯電話料金の引き落としをセブンカードに設定しておくと、5万円は軽くクリアできるのではないでしょうか?国際ブランドはVISAかJCBを選ぶことができます。

(2)ネット入会で1000ポイント!
インターネットからの入会の場合、1000ポイントがプレゼントされます。1000ポイントは1000円に相当します。これだけで2年間は年会費無料という考え方もできますよね。

(3)1ポイント=1円
セブンカードは1ポイント1円です。複雑なポイントレートの計算のクレジットカードが多い中で、1ポイント1円という明快さはありがたいものです。ポイントの付与も100円~200円ごとに1ポイントつくというシンプルなものです。セブンイレブンでお茶を買うとか、パンを買うだけでもポイントがつくのがうれしいところです。

(4)ポイント1.5倍のお店も!
イトーヨーカドー、エスパ、ヨークマート、ロビンソン、オッシュマンズでセブンカードを利用すると、100円につきクレジットポイント0.5ポイント、ショップポイント1ポイントがつきます。合計1.5ポイントです。このポイントも1ポイント=1円として利用可能です。1.5%の還元率になります。通常のクレジットカードは基本還元率を0.5%に設定していますので、非常にお得なカードと言えます。また、デニーズ、ファミールではカード利用200円につき3.0ポイントがもらえます。こちらも1.5%還元でお得。

(5)ポイントを使いやすい!
貯めたポイントは、あと100ポイント貯めないと欲しい商品と交換できない!などと思って、じっと待っているうちに、ポイントの有効期限を迎えてしまうということもあるでしょう。セブンカードのポイントは電子マネーであるnanacoに移行できます。移行しても、1ポイントは1ポイントのままです。どちらも1円に相当します。忘れないうちに、nanacoにポイントを移して使ってしまうとお得です。nanacoが使える店はたくさんあります。たとえば、セブンイレブン、デニーズ、イトーヨーカドー、そごう、西武、ファミール、芝のらーめん屋さん、パスタランテなどです。ほかにもコカコーラの自販機(!)、グランデコ、ハンタマ、スペースワールド、マックハウス、アウトレットジェイ、ゴールウェイ、ディスクユニオン、モッズヘア、グランドヒラフ、カラオケ館、カクヤス、ウェアハウス、コイデカメラ、カメレオンクラブ、ノジマ、ゆめタウン、たんばらスキーパーク、Mt.JEANS、タングラム斑尾、SKIJAM、KIRORO、などたくさんの場所で使うことが可能です。

(6)8のつく日は、イトーヨーカドーに行こう!
毎月8のつく日には、全国のイトーヨーカドー、エスパで食料品、衣料品、住宅用の商品(洗面器とかタオルなど)が5%引きになります。店頭でセブンカードで支払っても、カードの提示だけでも5%引きになります。このサービスを利用した場合、実質のポイント還元率は6.5%になります。こんな高還元率のクレジットカードはあまりお目にかかれません。セゾンがやっているセゾンカードは5日と20日に5%OFFになります。(西友でのカード利用)しかし、セゾンカードの基本還元率は1.5%もないので、おそらくセゾンカードは日本でも屈指の実質高還元率を誇っているのではないでしょうか?

(7)さらにボーナスポイントももらえます!
セブンカードでは、ボーナスポイントも用意しており、イトーヨーカドー、エスパ、ヨークマート、ロビンソン、オッシュマンズでの、年間カード利用額に応じて、ボーナスポイントがもらえます。
年間100万円の利用で3000ポイント、150万円のポイントで10000ポイントで、以降100万円単位ですが、あまり現実的ではないので、ご紹介しません。
年間100万円であれば、高額な買い物をする年は達成できるかもしれませんが、これも少々ハードルが高いですよね。

(8)ゴールドカードもあります
セブンカードは、招待制ですが、ゴールドカードもあります。こちらは国際決済ブランドはJCBのみしか選択できません。年会費は無料です。国内外のショッピング保険が年間100万円つきます。しかし、他の会社のゴールドカードとはちがって、たとえば空港のラウンジを利用することはできません。

(9)QUICPay(nanaco)も使える!
セブンカードを持っていれば、「QUICPay(nanaco)」が発行可能です。後払い式の電子マネーQUICPayを電子マネーカードnanacoに搭載するというスペックです。これをたとえばセブンイレブンで利用するとどうなるかと言えば、簡単に言えば、ポイント還元率が1.5%に跳ね上がります。
セブンカードのポイントが2ポイントつきます。それに加えてnanacoポイントが1ポイントつくので、合計で3円相当が貯まります。=1.5%還元。
一般のお店で利用した場合は200円につき1nanacoポイントが貯まります。
細かくポイントを貯めたい人にとっては、非常にメリットが大きいと言えます。

(10)優遇店とその他のお店のこと【セブンカードのデメリット】
イトーヨーカドーなどポイント利用加盟店では、貯まったポイントを使うことができます。しかし、セブンイレブンで貯まったポイントを使おうと思えば、一度nanacoにポイントを移す必要があります。1ポイントは1ポイントで同じレートで計算をしてくれますが、移す手間を考えると、少々面倒に感じるものです。

また、一般的なお店でのセブンカードの使用においては、ポイント還元率が0.5%です。つまり200円のセブンカードの利用において1ポイントの付与となり、これは極めて凡庸な数字です。

●セブンカードのまとめ
セブンイレブンやイトーヨーカードーで頻繁に買い物をする人にとっては、非常にお得なクレジットカードであると言えます。イオン系のショッピングモールをよく使う人にとってイオンカードが極めてお得であるように、セブンイレブンやイトーヨーカードーで頻繁に買い物をする人にとっては、またとない高還元率のクレジットカードであると言えます。
旅行保険のフタイヤショッピング補償がないので、1枚は他の会社のクレジットカードをつくっておいた上で、2枚目のクレジットカードとして普段使いをすれば、還元率2%であったとしても、非常に得です。大きな買い物をするときも、できるだけイトーヨーカドーや西武、ロビンソンなど、ポイント倍率の良いお店を使うのもやぶさかではない人にとってみると、すごくお得なカードですよね。

●最後に…募金をしたい方へ
時々、クレジットカードで貯まったポイントをそのままユニセフに募金をするなどのプログラムがありますが、このセブンカードは、ポイントをセブン-イレブン記念財団への募金に充てることもできます。1000ポイントが1000円分の寄付金となります。
セブン-イレブン記念財団は、公募助成制度による環境市民団体への支援活動を行っていたり、富士山の環境保全を行っていたりします。また、北海道の霧多布湿原のトラストなどの自然環境保護や地域環境美化活動に取り組んでいる財団です。
募金やボランティアに興味がある人は、ポイントをセブン-イレブン記念財団に寄付することも可能なのです。

セブンカードの公式サイト