楽天カードを詳細解説

楽天カード

●概要
楽天カードはネットで有名なあの楽天が運営しているクレジットカードです。セゾンやオリコなどと比較すると、比較的歴史の浅いクレジットカードです。しかし、楽天クレジットカードがここまで急成長したのにはワケがあり、それは、ポイントの還元率が良いとか、ポイントを貯めやすいというような、利用者が欲しい利便性をちゃんと押さえているからです。
たとえば、楽天カードの特長をかいつまんで説明すると、年会費が無料。旅行保険つき。ポイントUPキャンペーンは常時やっているといったことをすぐに挙げることができます。国際ブランドであるVISAやJCB、マスターもついてきます。(好きなブランドを選ぶことができます。)ポイント還元率については、以下で詳しく述べます。これだけの概要を読むだけで、お得なクレジットカードという印象を受けませんか?

●楽天カード
(1)ポイント還元率は最低1%
一般的なクレジットカードのポイント還元率は0.5%です。各クレジットカード会社は、0.5%を基準として、キャンペーンを行って0.75%とか0.85%などという数値を提供しています。楽天カードの基本還元率は1%です。キャンペーンに参加しないと1%にならないということではなく、常時安定して1%の還元率です。こういうカードはあまりお目にかかれません。単純計算で常に10000円のクレジットカードの利用で100円お得になります。しかも、各種楽天カードのキャンペーンを考慮したら、100円は「最低限」の金額です。

(2)年会費無料で旅行保険が付帯
年会費が完全に無料でありながら、最大2000万円の海外旅行保険が付帯します。病気やケガの場合で最大200万円の補償がついてきます。いわゆる賠償責任を負ったときにも補償されます。
旅行保険は、海外旅行に行く際に、旅行代理店のカウンターなどで申し込みをする人も多いと思います。掛け捨てでも数千円くらいはします。渡航先によっては5000円以上することもあります。カード年会費が無料で、旅行保険がついてくるというのは、お得なのです。
ただし、この旅行保険は、楽天カードで旅行代金を支払うことが条件です。つまり、いわゆる自動付帯ではなく、利用付帯です。多くのクレジットカードが利用付帯なので、ここは目をつぶるか、年会費がかかっても、他社の自動付帯のカードを選ぶのか、よく考えてみてもいいかもしれません。

(3)新規入会でいきなり2,000ポイント!
楽天カードに新規で入会したら、いきなり2000ポイントがもらえます。1ポイント1円で計算しますので、入会だけで2000円もらえるのと、ほぼ同等です。楽天ショップなどで、好きなものを買うことができます。

(4)楽天市場ポイント2倍
オンラインショッピングをよくする人は、楽天カードを持って、楽天市場でお買い物をすると、楽天スーパーポイントが2倍つきます。100円の買い物で2ポイントです。お米とかお水などの重たいものを月1回5000円ぶん購入したとすれば、それだけで100ポイントです。1年間毎月利用するとかける12で1200ポイントです。

(5)毎週土曜日にポイント3倍キャンペーンが!
事前の申請をしておけば、毎週土曜日に楽天がおこなっている「感謝デー」でポイントが3倍になります。指定された期間内であれば、事後エントリーも受け付けてくれます。

(6)毎月2回、ポイント最大10倍キャンペーン!
楽天カードの会員さんを対象に、毎月2回、ポイント最大10倍キャンペーンを開催しています。楽天市場の利用で通常のポイントが10倍、5倍、3倍とUPします。

(7)コンビニでもポイントが貯まる!
楽天カードにはEdyがついています。電子マネーEdyへのチャージによるポイントはつきませんが、Edyを利用することで200円につき楽天ポイント1ポイントが得られます。小さな買い物でもポイントが貯まるのは、うれしいサービスです。
コンビニでは、少額な買い物と言えど、1カ月の累計で5000円くらいにはなっているものです。地味ですが、楽天カードでポイントを貯めると、意外と貯まると思われます。

(8)ANAマイレージへの移行が可能です!
楽天カードポイントはANAのマイルに移行させることが可能です。2ポイントで1マイル。50ポイント以上2ポイント単位でマメに移行することが可能です。
その反対にANAのマイルを楽天ポイントに移行することも可能です。この場合は、10000マイルが10000楽天ポイントに移行できます。

(9)アップラインの「楽天カードプレミアム」もお得です
楽天カードは通常の年会費無料のクレジットカードの上に「楽天カードプレミアム」があります。世間一般でいうところの、いわゆるゴールドカードで、年会費が10500円です。このカードを持つと、世界各国の空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」が無料でもらえます。他の会社のゴールドカードではあまり見ることのできないサービスです。通常の楽天カードで利用実績を積んで、プレミアムカードを狙ってみてはいかがでしょうか?

●楽天カードでポイントを貯める必勝法とは?
楽天カードは「ポイントを貯めてください」と言わんばかりに、よくポイントUPキャンペーンを行っています。もちろん、キャンペーンを見逃さないことが基本ではありますが、あまりにキャンペーンが多いので、どうしても見落としてしまうこともあります。ポイントを確実に貯める方法を以下にご紹介しましょう。

(1)感謝デーに確実エントリー
毎週土曜日にポイントが3倍になるキャンペーンを行っています。このキャンペーンは「エントリー制」です。楽天市場ポイント1%+カード利用ポイント1%+感謝デーのポイント1%の合計で3%です。エントリーは無料ですので、かならず申し込むようにしましょう。

(2)毎月2回のポイント10倍キャンペーンを狙う
毎月二回、ポイント10倍キャンペーンを行っています。この期間を狙ってお買い物をすると、ものすごく効率良くポイントを貯めることができます。

(3)毎月やっているダブルポイントサービスを活用する
105円支払うと26日の買い物がポイント2倍になります。
210円支払うと16日と26日の買い物がポイント2倍になります。
315円支払うと6、16、26日の買い物がポイント2倍になります。
ちょうど、一般的なお給料日の翌日を設定しています。大きな買い物をするときは、このダブルポイントサービスを活用しましょう。

(4)ENEOSでもポイントがもらえます
ガソリンスタンドは、独自にクレジットカードを発行しています。たとえばエネオスならエネオスカードというものがあります。エネオスカード「S」というクレジットカードは年会費1312円が必要で、リッター当たり2円値引いてくれます。
楽天カードは年会費無料で、常時100円につき2ポイント(2円分)が還元されます。(実質的な値引きのようなものですよね)エネオスでも賢く楽天カードを使いましょう。

(5)引越しをしてもポイントがもらえる!
引っ越し時に楽天カードを使うとポイント還元率が3%になります。たとえば、アート引越センターや、アリさんマークの引越社やサカイ引越センター。これらを使えば最大3%の還元が期待できます。

●楽天カードの弱点
楽天カードの弱点としてETCカードに年会費525円がかかることにあります。これは今のところ、他社の無料ETCカードを持つほうがいいかもしれません。たとえば、ライフカードは年会費無料でETCカードが無料。楽天カードではETCカードを発行しないで、ETCカードはライフETCをつくると、年会費がかかることを回避できます。

●サクサクっと楽天カードを申し込む方法
楽天カードはインターネットでの申し込み受付です。ネットで「戻るボタン」を押してしまうと、入力した内容がすべて消えて、ゼロから入力し直すことになります。戻るボタンを押すことを回避しようと思えば、最低でも以下の書類を手元に用意して、まちがいのないように入力をする必要があります。
・身分証明書(運転免許証など)
・勤務先の住所や電話番号
・預金口座の銀行名、支店名、口座番号

オンライン申し込みの再入力はめんどうなので、先にこのような書類を手元に揃えて、安定したネット環境で申し込みましょう。
また、VISAやマスター、JCBなどの決済会社を選択する項目もあります。これは、持っていない銘柄を指定するというのも方法です。現在は、JCBはアメックスとアライアンスするなど、どの銘柄が使いやすい、使いづらいということはあまりありません。好きな銘柄を選びましょう。VISAは使えるけどマスターは使えないというお店も、ほとんどありません。

楽天カードの公式サイト