JALカードを詳細解説

JALカード

●概要
JALのマイルを貯めたいのであれば、JALが発行するクレジットカードをお持ちになってみてはいかがでしょうか?通常の買い物におけるポイント加算や、フライト時におけるマイル加算に加えて、入会時に最大5000マイルもらうことができます。また、初回搭乗ボーナスもあり、こちらは2000マイルもらえます。さらに搭乗ごとのボーナス加算もあり、こちらは最大で25%ポイントがUPします。家族カードを持っていると、家族全員のマイルを合算して使うこともできます。
クレジット決済における国際ブランドはVISA、JCB、マスターのなかから好きなブランドを選ぶことができます。(ゴールドはダイナースも選べます。)年会費無料のカードがいいのであれば、JALの一番ベーシックなクレジットカードであれば無料です。2年目以降は年会費が発生しますが、実質無料になる方法があります。

●JALカードの特長
JALが発行するクレジットカード(提携カードを除くいわゆるプロパーのカード)は「JAL 普通カード」「JAL CLUB-Aカード」「JAL CLUB-A ゴールドカード」の3種類があります。詳細は以下に述べますが、この3つのカードに共通するサービスを簡単にご紹介しましょう。

(1)ボーナスマイルがたくさんもらえる
JALカードは入会搭乗ボーナスが5000マイルもらえます。これに加えて初回搭乗ボーナス最大2000マイル、搭乗ごとのボーナスとして区間マイルの最大25%プラスなど、多くのボーナスマイルプランが用意されています。比較的マイルを貯めやすいクレジットカードです。

(2)家族カードぶんのすべてのマイルを合算することができます。

(3)JALカード特約店でのカード利用はショッピングマイルが2倍になります。

(4)海外旅行保険や国内旅行保険がついているので、出張や旅行に行く機会が多い人にとっては、またとない安心感を得られるカードであると言えるでしょう。

●JAL普通カード
JALカードのなかで最もベーシックなクレジットカードです。VISA、マスター、JCBのなかから好きなブランドを選ぶことができます。年会費は初年度は無料。2年目以降は2100円かかりますが、以下に述べるように実質無料にすることが可能です。電子マネーはカード種別によりWAON、PASMO、Suicaを無料で搭載してくれます。なにかと使い勝手が良いクレジットカードです。

(1)年会費を実質無料にする方法
入会後最初の搭乗時に1000マイルをもらえます。また、毎年初回搭乗ボーナスとして1000マイルがプレゼントされます。1マイルは、実質2円以上の価値であると考えられるため、単純計算をすると、毎年2000ポイント=2000円をもらえることになります。つまり、年会費とボーナスマイルが相殺されるイメージになります。
もちろん、飛行機に乗らないと、搭乗ボーナスを得ることができないので、年会費ぶんは実質負担することとなりますが、飛行機に乗る機会があるか、毎年JALカードで10~20万円程度のお買い物をすることによって、実質年会費無料ということになるのです。
20万円ぶんのお買い物をしない人は、携帯電話や電気の支払いなどをJALカードに設定しておくと、20万円ちかくになるのではないでしょうか?

(2)お買い物で貯まるマイル
JALカードを使ってお買い物をすると、200円につき1マイルが獲得できます。JALカード特約店でのお買いものは200円につき2マイルとなります。JALカードの特約店は全国に40000店舗以上あり、たとえば松坂屋、大丸、エネオス、メガネの愛眼、ディノス、てもみん、ノジマ、紀伊国屋書店、インプレスダイレクト、トヨタレンタカー、ロイヤルホストなどがあります。わりと日常でよく目にする(よく使う)お店が多いので、ポイントを貯めやすいかもしれませんね。
また、旅行に行く時はJAL系列の旅行代理店でツアーを申し込むと、旅行代金に対して100%マイルが貯まることもあります。ツアーの案内は、JALカードのホームページやカード会員向けのパンフレットなどで確認することができます。

(3)旅行に行くときにうれしい特典が満載
JALカードには、旅行保険が自動付帯されています。利用付帯ではなく自動付帯です。つまり、JALカードで旅行代金を支払わなくとも、旅行保険の適応を受けることができるということです。補償金額は最大で1000万円。海外、国内旅行ともに自動付帯になります。
また、空港内にある免税店、あるいは機内でのお買いものにおいてJALカードを利用すると、10%OFFになります。10%OFFになる免税店はかなりたくさんあります。(BLUE SKY、JAL-DFS、NAA&JAL-DFS、JAPAN DUTY FREE、Fa-So-La DUTY FREEなど*一部5%OFFの店もある)

(4)VISAを選ぶと荷物から解放されることも!
JALカードにVISAを選択した場合、国内国際線における手荷物を宅配してくれるサービスを受けることができます。(VISAの会員さん限定です)成田空港と羽田空港国際線ターミナルを対象に1個500円、個数制限なしで宅配サービスを受けることができます。VISAがサービスの主体ですので、JALカードの意向にかかわらず、VISA側がサービスを終了するとそれでサービスが受けられなくなる可能性もあります。

●JAL CLUB-Aカード
ふつうのJALカードよりもポイントを貯めやすいクレジットカードです。年会費は10500円とUPしますが、そのぶんポイント還元率もUPしています。

(1)うれしい高額ポイント
入会搭乗ボーナスは、なんといきなり5000マイルです。毎年初回搭乗ボーナスが2000マイル。搭乗ごとのボーナスは区間マイルあたり25%。JALカードの1マイルは概算で2円として計算されるので、マイルを2円以上と考えた場合、1年目は搭乗だけで会費の元が取れます。二年目以降も、年に1度のフライトでボーナスマイルだけを見ても4000円くらいは獲得できます。

(2)旅行保険は5000万円が自動付帯です
国内外の旅行における傷害保険が自動付帯となっています。補償金額は最大で5000万円です。5000万円の旅行保険を掛け捨てで入ろうと思えば、渡航先や滞在日数などで価格は変動するものの、5000円から1万円くらいするのが通常です。年に1~2回、旅行に行く人は、それだけで元がとれていると考えてもいいように思います。

(3)搭乗手続きがVIP!
JALは通常の搭乗手続きカウンターとは別に「JALエグゼクティブクラスカウンター」を設けており、JAL CLUB-Aカードの会員になると、JALエグゼクティブクラスカウンターでチェックインすることができます。どこのカウンターでチェックインしても、飛行機に搭乗者全員が乗らないと飛行機は飛ばないので、こういうサービスは必要がないと思う向きもあるかもしれませんが、特別なカウンターでチェックインすると、非常に気持ちがいいものです。

●JAL CLUB-A ゴールドカード
JAL CLUB-Aカードよりもマイルを貯めやすく、また、空港におけるラウンジ利用のサービスを付帯させたクレジットカードが、JAL CLUB-Aゴールドカードです。年会費は16800円です。ダイナースをつけた場合は、年会費が23100円になります。

(1)マイル(ポイント)還元率は2%を超えることも!
通常のショッピング利用で100円につき1マイルが加算されます。JALカード特約店では利用100円ごとに2マイルが加算されます。特約店でのカード利用は、計算上4%のマイル還元率となり、こういう高率還元のクレジットカードはほとんどお目にかかったことがありません。

(2)補償も充実の1億円
国内旅行と海外旅行、ともに旅行傷害保険が自動付帯です。最大補償額は、なんと1億円です。万が一のときに備えて、掛け捨ての1億円の保険に入ろうとしたら、ゆうに1万円は超えます。年に1~2回、旅行に行く人にとってみると、年会費のもとがとれると考えてもいいのではないでしょうか?
ショッピング補償も充実しています。普通カードやCLUB-Aカードに付帯しているショッピング保険は、海外での買い物時のみ有効。ゴールドカードであれば、300万円(ダイナースでは500万円)のショッピング補償が受けられ、しかも国内外問わず、カードを利用した場合すべてに適応になります。非常にありがたいサービスであると言えます。
また、ゴルフ保険も付帯されています。ゴルフに行くと、ゴルフ場のカウンターで傷害保険やホールインワン保険など、いろんな保険に入ると思いますが、ゴルフのたびに保険に入るわずらわしさから解放されるのではないでしょうか?

(3)空港ラウンジが使える!
JALゴールドだけの特典として、国内の主要空港のラウンジが利用できるという点が挙げられます。ダイナースを選択すると海外50箇所以上+国内の空港ラウンジと、利用できるラウンジがぐっと広がります。

JALカードの公式サイト